Concept
こだわりの家づくり

樹脂窓のチカラ

「高性能なエコハウス」には、
断熱性の高い樹脂窓

窓は、熱の出入りが一番多い場所。
壁と比べると夏は約6倍、冬は約3倍の差があります。
窓は住まいの中で熱の出入りが最も多い場所。
住宅の断熱性能を考える際に、窓の断熱性能を高めることが最も効果的と言えます。
小さなエネルギーで暮らす「ローエネ」、「健康」で「快適」な暮らし、「資産価値」の高い住まいを実現するためには窓の断熱性能を高める樹脂窓の採用がベストです。

室内の温度差を緩和した、快適な暮らし

断熱性の低い家は、熱が逃げやすくなります

断熱性の優れた窓は、体感温度もアップする!

同じ室温でも断熱性の異なる部屋では「体感温度」に差が出ることをご存知でしょうか。
人間の体は空気の温度だけでなく、床や壁・天井からの「放射熱」も感じ取ります。
この温度を「平均放射温度」といい、人間が感じる「体感温度」に影響をあたえるため、差が生じるのです。

冬は、お風呂やトイレの寒さに注意しましょう

部屋ごとの温度差を減らし、ヒートショックを抑える。

暖かい部屋から、寒いトイレや浴室に入るとヒヤッとすることがあります。
この急激な温度の変化によって血圧や脈拍が変動することをヒートショックと言い、心筋塞や脳塞などを引き起こす原因となります。

窓の断熱性が低いと、窓辺や床の空気が冷たくなります

窓表面と室温の温度差を緩和して、
窓辺のヒンヤリ解消!

冬になると、暖房をしていても窓際や足元がヒンヤリすることがあります。
窓の断熱性が低いと、窓辺で空気が冷やされ、その冷たい空気が足元に下がってくるためです。

結露はホコリを吸着し、汚れやカビ・ダニの温床になります

樹脂窓なら、結露を防いで快適に。

断熱性能が高い窓は外気の影響を受けにくく、窓の表面温度の変化が少なくなります。
室温と窓の表面温度の差を小さくすることで窓辺の結露を抑制し、窓に触れたカーテンが濡れたり、額縁や床にたまった水分がホコリを吸着してしまう不快な汚れを防ぎます。

ライフサイクルコストを抑えて、資産価値を高める

建物本体は、住宅の設備より耐用年数が長いことにご注意

建物本体の高性能化がカギ!

窓や壁や床、屋根など、住宅の断熱性能を担うのは建物本体です。
建物本体は暮らしの利便性や快適性を高める設備機器などに比べ、耐用年数がはるかに長いものです。その性能を高めることによって住宅の省エネ性能を上げることが、長く快適に暮らせる資産価値の高い家づくりのカギとなります。

家を建てる費用と、住んでからかかる費用を考えましょう

建物の高断熱化は、結局おトク!

建物を高断熱化すると初期費用は少し高くなります。
しかし、冷暖房費を抑えることができるとともに、健康を保てるので病院にかかることも少なくなり、医療費などの節約にもつなげられます。
断熱性能の高い住宅は資産価値が高くなると同時に、経済的にも優位になるといえます。

世界では樹脂窓がスタンダードに

樹脂窓の普及率は、アメリカで65%、ドイツで64%であるのに対し、日本ではわずか22%です。
住まいの断熱性を高め日本の住まいをよりよくするために、性能と品質にこだわり、技術力を活かした樹脂窓をご提案いたします。

樹脂窓の材料は耐久性のある塩ビ(PVC)素材

樹脂素材にも様々なものがありますが、樹脂窓には耐久性のある塩ビ(PVC)を使用しています。 家庭の日用品などに使われているポリプロピレンに比べ、経年劣化に強いのが特長です。
YKKAPの樹脂窓は紫外線に強いアクリル積層なのでさらに耐候性が高くなっています。

世界中で使われている樹脂窓

樹脂窓はその優れた断熱性能が評価され、 極寒のロシアから年間を通じて気温が高いタイなどでも使われています。
その耐久性は世界が証明しているといえます。

お問い合わせ・資料請求
モデルハウス見学予約

TEL.0276-45-1131

PAGETOP