足利市 K様

  • <<家族構成>> 夫婦+子ども2人
  • <<延床面積>> 138.29㎡(41.8坪)
  • <<敷地面積>> 516.41㎡(156.2坪)
  • <<工法>> 木造軸組
  • <<竣工年月>> 2013年5月

家づくりのきっかけ・松浪建設への決め手

以前はアパートと妻の実家に住んでいましたが、子どもが生まれ、大きくなってきたので家を建てる事を検討し始めました。総合住宅展示場で大手メーカーを数社見て回りましたが、どれも決め手に欠いていました。その後、雑誌で松浪建設を知り、太田市のモデルハウスを訪ねました。
室内に入った瞬間に木の香りがして、清々しい空気がとても気持ちよかったです。家づくりに関して、素材、考え方など社長が丁寧に説明してくれました。成約前にはオープンハウスや構造見学会にも足を運びました。

こだわり、要望等

敷地に余裕があったので、将来年齢を重ねたときに上り下りが負担になる階段が不要であることや、子どもの安全面などを考慮して、和風の平屋を希望しました。
広いリビング、家族ひとりひとりの部屋、鑑賞魚をのんびり眺められる趣味室を特に要望しました。

住み心地

玄関を開けると感じる木の香りが心地よく、また、すべて真壁造りになっていてとても満足しています。無垢材のぬくもり、やわらかみや、漆喰・珪藻土の塗り壁によると思われる室内の空気の良さを感じられます。
オール電化・ソーラーシステムを採用し、光熱費を抑えることができています。
はじめから自然素材にこだわってはいたわけではなく、漠然といろいろな展示場を見て回っていましたが、松浪建設のモデルハウスを訪ねた時に木の温もりはいいものだと思いました。

PAGE TOP