伊勢崎市 K様

  • <<家族構成>> 夫婦+子ども1人
  • <<延床面積>> 172.65㎡(52.2坪)
  • <<敷地面積>> 595.04㎡(180.0坪)
  • <<工法・断熱>> ダブル断熱工法(木造軸組)
  • <<竣工年月>> 2011年11月

家づくりのきっかけ

暮らしていたアパートが伊勢崎市内であったこと、主人の実家近くに住みたい、娘が小学校に入学するまでに家を建てたい、という希望から今の場所で土地を探しました。
2年前、土地を探すのと同時に、家を建てる工務店も探し始めました。「群馬の注文住宅」が発売されるたびに購入し、会社情報や見学会情報などを参考にしていました。
また、大手ハウスメーカーの展示場を見学し、実際にプラン出しするところまで進めていました。最初の住宅プランは、シンプルモダンなどデザイン重視で、最初から私(奥様)は、「木の家」は全く考えていませんでした。

松浪建設との出会い

大手ハウスメーカーとの契約に向けて進む中、何か漠然とした違和感を抱いていた主人。書店でたまたま手に取った本に、家づくりについての新たな価値観を見出しました。その本は「ハウスメーカーと官僚がダメにした日本の住宅 著・澤田升男」。読み進めるうちに自然素材の良さや生体エネルギーについて知り、「健康住宅」への意識が高まっていき、群馬では「松浪建設しかない」ということを知り、どんな家を建てるのかも分からないまま、松浪建設へ向かいました。
事務所に行き、社長と話をしているうちに、その人柄に惹かれました。その日のうちに、会社近くの現場を2ヶ所、社長自ら案内してくれたことがとても嬉しかったです。また、現場での職人さんと社長の話す内容や、やりとりの親密さを見て、普段から社長が熱心に現場に通われていることが分かり、「ここなら信頼できる」と、確信しました。

「ここで建てたい」と思った決め手

無垢材や珪藻土など、自然素材をふんだんに使った家であることはもちろん、そこまで素材にこだわりながら、大手ハウスメーカーより安く建てられること。家づくりについて、熱心に色々と教えてくれたこと。そして希望や要望に対して、現場を知っているプロとしてのアドバイスがもらえたことなどが決め手です。

家づくりの要望・こだわり

家の中心部にある「スキップフロア」です。娘の遊び・勉強スペースとして利用したいと考えています。LDKにいる私たちからも目が届くので安心です。

また、下は四畳ほどもある大容量の収納スペースとして活用できることも大きなメリットの1つです。
「すっきりと整理整頓ができる大きなパントリー」や「広々としたシューズクローク」もとても便利です。

「使いやすいゆ高さを調節したオリジナルキッチン」もお気に入りです。

その他、「運動用に設えたタモ材の懸垂棒」、モデルハウスで見て気に入った「檜の浴室」、「広く造作したオリジナルの洗面台」など様々な希望を実現してもらい、とても満足しています。

住み心地

空気がキレイで、木のいい香りがします。外が暑くても中は涼しく快適で、まるで鍾乳洞のような感じです(笑)窓を空けると逆に暖かい空気が入ってきて暑くなるので閉めたまま。今年の夏は、あまり冷房を使わなくて済みそうです。素足に心地よい無垢の質感も、気持ち良いです。

家づくりの感想

施工中も仕事終わりに現場に足を運んでいたので、一緒に家づくりをしていく感じが良かったです。現場を確認しながらスキップフロアの収納部分の入り口を洞窟のようにしたり、座るスペースを掘りごたつのようにしたり。細かな変更なども融通が効いたので、それも良かったです。
また、社長からニッチや階段のスリット部分、ガラスブロックなどを提案してもらい、可愛らしい雰囲気の仕上がりに大満足です。
造ってくれている人の顔が見えて、楽しい家づくりでした。完成したこの家が、本当に「いい家」と思えるから、今でも社長といいお付き合いができ、松浪建設さんを選んで本当に良かったと思っています。

PAGE TOP