自然素材-無垢材へのこだわり

自然素材-無垢材へのこだわり

構造集成材は一切使わず、柱・土台、床だけでなくドアなど全て無垢材を使用

構造材に集成材を使わず柱や梁には檜や米松の無垢材を使用しています。大黒柱には檜8寸角を、その他の柱と土台は檜の4寸角を使用しています。
また、当社ではドアなどの建具やキッチンカウンターなどの造作にいたるまで、全て檜、杉などの無垢材にこだわっています。

自然の抗菌効果

日本の住宅は以前(数百年〜千数百年)より無垢材を使用して家づくりをしておりました。檜を使用しています。世界最古の木造建築物に数えられる「法隆寺」は、建立からすでに1200年を超える年月が経っていますが、今なお、法隆寺がその勇姿を保っていられるのは何故でしょうか。
檜は、檜材には抗菌作用がある化学物質『ヒノキレジノール』が含まれており、檜自体が抗菌されているため、虫を寄せ付けません。人工的に防虫薬剤を注入しなくても、住まいの大敵であるシロアリなどの害虫を寄せ付けない防虫効果を檜自身が持っているのです。
そのため、檜材は、抗菌物質(ヒノキレジノール)のおかげで腐りにくく、耐久性が高いと考えられています。

日本の風土にあった木材

檜は伐採されてからも呼吸し、生き続けています。呼吸していることによって、室内の湿度を適度にコントロールしてくれます。日本は高温多湿の気候です。湿気が多いときには、気の中に水分を吸収し、逆に乾燥してくると含んでいた水分を発散するという、調湿する役割を持っています。
また、檜特有のすがすがしい香りを日本人は重宝してきました。温泉旅館でも人気の高い檜のお風呂、入浴剤、芳香剤等々。檜の香りは、嫌なにおいを消し去るとともに、心地よく人の心の奥底に呼びかけてくれる不思議な力を持っています。

年間5棟限定 自然素材の家 特別仕様

デザインハウスプロジェクト natural materials+simple modern

Contents コンテンツ

  • 最新情報
  • こだわりの家づくり
  • ギャラリー
  • お客様の声
  • 松浪建設について
  • スタッフブログ
  • モデルハウス
  • 店舗・事務所・工場

チルチンびと

セルロースファイバー

ウールブレス